金額相場について

デリヘルの最低保証をもらうには条件をクリアする必要がありますが、風俗求人を見ると「最低保証○万円」など具体的な金額が書かれています。それでは、条件をクリアしていればこれだけの金額がもらえるのでしょうか。

最低保証をもらうにはレギュラー出勤を条件としているお店も多いですが、これだけですと1万円ほどの最低保証しかもらえない可能性があります。風俗求人に「最低保証3万円」と書かれていたとしても、この金額をもらうにはさらなる条件をクリアする必要があるのです。

条件の一つとして挙げられるのが、顔出しでしょう。どのようなデリヘルも風俗雑誌や風俗サイトに広告を出すものですが、そこには必ず在籍女性も掲載されているものです。お客さんはどうしても女性の顔に目がいくものですので、顔出し可能の女性はお店にとって強力なプロモーションツールとなります。そのため、デリヘルは最低保証を払ってでも顔出し可能の女性が欲しいのです。

しかし、顔出しをすることで自分の顔がオープンになりますので、知り合いにバレるというリスクがあります。それが気にならないのでしたら顔出しをした方が良いでしょう。また、最近はブログやツイッターを毎日顔出しで更新することで、最低保証がプラス1万円になるといったお店もあります。

保証がもらえる条件

最低保証があればお客さんがつかなくても給料がもらえますが、それをもらうにはデリヘルが設定した条件を満たさなければなりません。デリヘルが最低保証をする女性とは、「最低保証をしてでもお店にいて欲しい女性」です。それでは、具体的にどういった女性なのでしょうか。

何よりも大切なことはレギュラー出勤をしてくれる女性です。特に週5日以上の出勤ができる女性はデリヘルにとってありがたい存在。週5日以上出勤し、なおかつ1日に8時間以上勤務するのであれば最低保証がもらえるでしょう。女性の出勤が少ないデリヘルは、「サービスが悪く流行っていないお店」というイメージをお客さんに与えてしまいます。そのため、最低保証を出してでもレギュラー出勤の女性が欲しいのです。

そのほかに、年末年始やゴールデンウィークなど大型連休のシーズンでしたら、期間限定で最低保証がもらえることもあります。こういったシーズンはデリヘルにとって稼ぎ時ですので、少しでも多くの女性に出勤してもらいたいのです。

また、ランキングのトップ3や新人期間であれば最低保証がもらえる場合があります。最低保証の条件はデリヘルによって異なるので、事前に必ず確認しておきましょう。

風俗求人の最低保証とは

デリヘルアルバイトはハードワークですが、高収入という魅力があります。しかし、デリヘルとはお客さんとプレイをする毎に給料がバックされるシステムですので、お客さんがつかなかったら給料が発生しません。そのため、いくら高バックを謳うデリヘルだったとしても、せっかく出勤しても給料がゼロというリスクがあるのです。これではデリヘルアルバイトの応募に躊躇してしまうことでしょう。しかし、風俗求人雑誌や風俗求人サイトをチェックすると、「最低○万円を保証」、「日給○万円保証」などと書かれている場合があります。この最低保証とはどういったものなのでしょうか。

最低保証とは、「仮に出勤をして誰もお客さんがつかなかったとしても、最低限それだけの金額の日給を保証します」というシステムです。この最低保証制度があることによって、自分のお客さんが少なかったとしても給料がゼロになってしまうリスクを回避でき、安心して働くことができるのです。

ただし注意したいのは、どのような女性でも必ず最低保証が適用されるわけではないという点です。そこで働いている人全員が最低保証を受けられるとなると、「別に指名されなくてもお金がもらえるんだから、適当にプレイしてもいいだろう」と考える人が出てきてしまう可能性もあるからです。そのため、お給料の最低保証を行っているデリヘルでは最低保証が受けられる条件を設定しています。ここでは、最低保証が受けられる条件や、金額の相場について詳しくご紹介します。